薄毛とくせ毛の知識と対処方法

薄毛の知識と対処方法

img0 (2)img1 (2)

img2 (2)

薄毛、抜け毛の知識

頭髪が薄くなり地肌が露出してしまうのは、何らかの原因で、髪が抜け落ちてしまったからです。

近年は薄毛に悩む女性が増加傾向にあり、中高年だけの悩みではなく、10歳代から30歳代といった若い年代の人たちにとっても深刻な悩みになっています。

【薄毛の原因は大きく分類すると4つ】

薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。

4つの原因は、「精神的ストレス」「遺伝」「男性ホルモンの影響」「生活習慣」と考えられておりますが、複雑に原因が絡み合って発生することが多いので原因を特定することが難しいのも事実です。

どのような原因で髪が細くなったりするのか?

正常な成長をしなくなるのか?

髪が抜け落ちたりするのか?・・・・

それらの結果として、「髪の毛が薄くなる」といった状態を、アトリエファムは美容室として、化学療法を行わずに対処する方法を行っております。

薄毛、抜け毛の対処

アトリエファムでは、水にこだわっております。

【たかが水】と思われがちですが、「水 = 基本」と考え、頭皮の再起動を行い、化学療法を行わずに対応しております。

現在も多くの方の実績を基に、水にこだわった対処を行い、体や頭皮に優しく、そしてメンタル面へと好影響を与えていくサービスを行っております。

様々なお悩みをまずはご相談ください。

くせ毛の知識と対処方法

くせ毛の知識(種類)について

くせ毛と言っても様々なくせ毛があります。

それぞれの方の症状によって差がありますが、本人だけが気になるレベルでもくせ毛と言ってもおかしくありません。

くせ毛の原因は1つではなく数種類存在します。

よって人それぞれでくせ毛の基準は変わってきます。

まずはどのくせ毛なのか自分を当てはめてみてください。

img0 (3)

直毛とは?

直毛は日本人の半分以上の方の症状と言われております。

直毛も一種の真っ直ぐなくせ毛になります。

髪の内部形成から真っ直ぐに固まって伸びる髪質で、真っ直ぐすぎで逆に「ウェーブを出すパーマがかかりにくく、取れやすい」のが、大きな特徴です。

直毛の場合、ストレートヘアのヘアスタイルしか選択肢がないという欠点になります。

直毛の方は、くるくるドライヤーでカールヘアーにセット剤を使って、巻き髪を仕上げても、1時間も経たないうちにカールが取れて、ストレートに戻ってしまいます。

「とてもスタイリングしにくい」のが直毛というくせ毛の方の特徴です。

img1 (3)

波状毛とは?

波状毛(はじょうもう)とは、名前のとおり、波のようにうねっている毛質のことを言います。

雨の日、ムシムシした湿気の多い日に、髪の毛が広がってしまうということはありませんか?

波状毛の特徴として、「湿気に弱い」ということがあります。

波状毛は、日本人にもっとも多いくせのタイプだと言われており、直毛以上に悩んでいる方が多いくせ毛です。

その他の特徴として、「髪の毛全体にウェーブ」が掛かっています。

くせの弱い場合はストレートに見えてしまうことが多く、気付かないことがあります。

酷くうねっているタイプのくせではない場合は、くせを髪型として生かすことも出来ます。

img2 (3)

捻転毛とは?

捻転毛(ねんてんもう)は捻っている髪の毛と言うことです。

捻転毛(ねんてんもう)は英語ではツイストヘア(TWIST HAIR)と言います。

捻転毛の日本人は少ないようで、日本人ではあまり見かけない種類のくせ毛です。

捻転毛の特徴は「髪の毛がねじれている」ことです。

ねじれている状態なので、くせ毛としては目立つほうでしょう。

捻れの量が多く、そして1本1本が捻じれている状態なので髪全体に、統一感が無くなってしまいます。

髪の毛の太さがバラバラになっていますから、見た目でも太さに均等感がなくなります。

強い薬でも薬剤が毛の中に染み込まず、捻転毛は「髪の太さが不均等なので切れ毛になり易い」のも特徴です。

くせ毛の対処

アトリエファムでは、水にこだわっております。

【たかが水】と思われがちですが、「水=基本」と考え、髪に優しく、アトリエファム独自の可能な限りダメージを与えない方法で水分や薬剤を浸透させます。

様々なお悩みをまずはご相談ください。

banner3
banner2
  • banner0
  • banner1
  • facebook
  • twitter
  • mixi